FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごあいさつ 

 「プログレ日記」は、1975年ロンドン滞在中に見たプログレ・バンドのライブを、キャメル中心に書き集めたレヴュー集です。1975年は、今考えてみるとプログレッシヴ・ロックの一つの頂点を極めた特異な年で、多くのプログレ・バンドがほとばしる情熱と若さで彼らの音楽を一心にプレイしていた時代です。ジェネシス、キャラヴァン、ジェントル・ジャイアント、バンコ、キャメルetc.etc......
5年程前になりますが、「LONDON 1975 プログレ日記」という、100ページぐらいの小冊子を発行しました。
というのも2002年に元キャメルのピーター・バーデンスが亡くなり、ファンとして彼がキャメルのキーボード・プレイヤーとして輝いていた時期を書き残しておきたかったからです。発行部数も少なかったのですぐに絶版になってしまいましたが、その後、時々問い合わせなども頂いていましたので、この度、誰でも好きなときに読める様にブログに載せることに致しました。2003年発行時そのままの原稿で何も書き加えていません。情報も2003年当時のままです。若干写真は増やすつもりですが...
 奇しくも今年は1975年と同じく月日と曜日が一緒ですので、当時ライブを見たその同じ日にライブ・レヴューをアップする事にしました。1975年ロンドンでのプログレ・シーンの雰囲気を少しでも感じて頂ければ幸いです。

プログレ日記 表紙のコピー


発行日     2003年6月19日
著者       堀家 美沙子 (HORIKE misako)
編集・校正   中藤 正邦 (NAKAFUJI masakuni) / 井須 菜穂子 (ISU nahoko)
                    
                             1st March 2008
                             堀家美沙子 horike misako
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://london1975.blog96.fc2.com/tb.php/2-676ed461

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。