スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月30日(日) バンコ/BANCO - ロンドン/ラウンドハウス 

ジァンニ・ノツェンツィ/Gianni Nocenzi   (piano, syhth.
ヴィットリオ・ノツェンツィ/Vittorio Nocenzi  (org., synth.
ピエール・ルイジ・カルデロニ/PierLuigi Calderoni (drms.
レナート・ダンジェロ/Renato D'Angelo  (bs., trp.
ロドルフォ・マルテッセ/Rodolfo Maltese  (gtr.
フランチェスコ・ジアコモ/Francesco Di Giacomo  (vo.

BANCO TICKET

 プログレッシヴ・ロックはイギリスよりイタリア/フランス/ヨーロッパの方が盛んな様で、カンタベリィ系ロック・バンドはフランスで、ジェネシスやヴァン・ダー・グラフ・ジェネレイター等はイタリアで人気が高いのだが、当のイタリアン・ロックは殆どイギリスで紹介されていなかった。それがマンティコア・レイベル設立と同時にPFM、続いてバンコと契約を結び、ロンドンでレコーディングさせライヴも行い、音楽誌の評判も良かったのでバンコは5月に引き続き11月に再度渡英してコンサートを行った。
 この夜、ラウンドハウスのトリはブライン・ハワース/Bryan Howarth(バジャーやジョン・ケイル等本当に沢山のアルバムに参加、様々なギターでセッションを数多くこなしているギタリスト)で、その前にマイク・ヘロンズ・レピュテイション(マイク・ヘロンはインクレディブル・ストリング・バンドの中心メムバーで、このバンドはケルト/トラッド/ロックをミックスした不思議な、今で言うワールド・ミュージック的な音楽を演奏していたのだが、最近、再評価されバンドも再結成されたそうだ)が付き、そのまた前にバンコがプレイしていた。つまりは前前座だったのだが、バンコ目当てのオーディエンスも来ている様で、そこらでイタリア語が飛び交っていた。
 バンコはノツェンツィ兄弟のダブル・キーボード群とジアコモのオペラティックなヴォーカルが紡ぎだす、いかにもイタリアっぽいシアトリカルなサウンドが特徴だ。彼等自身も「ミニ・オペラ」と言っている様に、ジアコモのテナー・ヴォイスはイギリス人には出せない奥深さと幅広さ、表現力を備えており、ロック・バンドで歌わすにはちょっともったいないかなとも思わせる程だ。曲の紹介等はこの人がしていたが、姿もでっぷりと貫録があり、オペラ歌手と紹介されても納得してしまう様な雰囲気を持っていて、しかしやはり英語は少し苦手らしく途中からイタリア語で話し始めた。曲にしても英語で歌うと発音とかに気を取られてしまうのか、表現力が少し薄っぺらくなってしまう様に思われる。「次はイタリア語で歌います。」と言った途端、オーディエンスから歓声が上がったので皆もそう感じていたに違いない。
 彼等は、シンセサイザーで風の音とか擬音を作りだし、それにピッコロやオーボエ、クラリネット等を加えながらオペラティックなサウンドに仕上げていくのだが、ステイジ上でアップライト・ピアノを弾くバンドは初めて見た。キーボードのジァンニとヴィットリオのノツェンツィ兄弟は共にローマのサンタ・セシリア音楽学校を卒業しているのだが、「テクニックに走る演奏は嫌いだ。」と言っている。「リック・ウェイクマンの音楽はテクニックをひけらかしているだけだ。音楽にはエモーショナルな部分が必要だ。その点キース・エマースンの演奏にはテクニックと同時に感情表現が素晴らしく巧みに組み合わされている。音楽において最も重要な事は、感動を創造するという事だ。」と作曲を手掛けているオルガニストのヴィットリオがインタヴューで話している通り、バンコの音楽は20分程の長さの中にシンセサイザーやピアノでドラマティックに盛り上げるクライマックス部分が何度か在り、ジアコモの朗々とオペラティックに歌い上げるヴォーカルと相まって一幕の舞台を見た様な気分になってしまうのも確かだ。
 イギリスではイタリアン・プログレッシヴ・バンドの代表としてPFMの方が先に紹介されたし、彼等のイギリス版デビューアルバム「幻の映像」で英詩をクリムズンのピート・シンフィールドが担当した事もあって人気が高いのだが、彼等も5月、イギリスでツアーを行っていた。
 5月25日(日)、ロンドン/ヴィクトリア・パラスでPFMのコンサートがあったので聴きに行った。
 が、それ程印象に残って居ないのはやはり曲に飛び抜けた特徴が無いせいなのだろうか…?確かにバンドの演奏テクニックは凄い。曲もプログレッシヴ・バンドの王道を行くクラシック・ベイスの華やかなものが多い。コンサート自体は満足のいくものであったにも関わらず、なにか物足りない気がしたのだ。中心となるマウロ・パガーニはバロック風のブラウスにブリーチアウトのジーンズで見目も良くフルートを吹く姿などきれいだし(が、エキサイトしてくるととんでもないガニマタになって演奏するのでびっくりした!)ヴァイオリンでウイリアム・テルを弾いた時など殆ど弦が切れてしまうほど熱演し、あぁこれがPFMだ、とそこそこ感激していたのだがその感激が後を曳かないのだ。
 そしてこのバンコ。私自身がドラマティックな曲調が好きなせいなのかも知れないがPFMより印象が強い。バンコもPFMも音楽学校出がメムバーに多いので演奏は上手い。と言うことはヴォーカルに負うところが大きいのか…楽器演奏は技術を磨けばある程度の完成度は得られるが、ヴォーカルはヴォイスでのみ感情を表現しなければならないので声の良さに加え感情をどれだけヴォイスに込められるかでヴォーカリストの上手い下手が別れてしまう。このジアコモさんはオペラの本場イタリアで育っただけにそのオペラティックな表現力には正に脱帽だ。
 さて、 PFM、バンコ共既に来日しているので生の演奏に接し感激したオーディエンスも多いと思う。PFMは2002年の暮、2枚組CD「ライヴ・イン・ジャパン」をリリースするらしい。
  PFM、バンコ、共にこれからも活躍して欲しいバンドだ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。